壁面緑化とは?その目的や効果について解説します!


外壁にも内壁にも施せる壁面緑化

壁面緑化とは建物などの壁を植物で覆うことです。街でよく見かけるのはビルの壁にツルを這わせている登はん型で大型スーパーの壁などに施され、植物の葉の色のコントラストを利用したデザイン性の高いものもあります。垂直の基盤を利用すれば、緑の看板としてシンボルにもなります。植物を設置するワイヤーの形をデザインして建物にアートワークを施したり、石垣などの低い場所ならプランターに植えた植物をそのまま設置できるタイプを利用すれば、植物の状態に合わせてプランターごと簡単に植物の入れ替えができ、植物の生育を待つことなくすぐに緑を楽しめます。

ホテルや喫茶店の内壁に植物を茂らせ、インテリアとして利用する方法もあります。こちらも登はんがたのツル植物が多いですが、シダ類をプランターに設置して上から下に垂らす下垂型、コケを壁に繁殖させる方法などもあります。アイデア次第で雰囲気のある内装になります。

壁面緑化の様々なメリット

壁面緑化の環境面から見たメリットは、空気を浄化して二酸化炭素を削減することです。都心部ほど気温が上昇するヒートアイランド現象も、温度が上がりやすい人工の素材でできた壁を緑化することで温度の上昇を妨げ軽減できます。
建物に関するメリットには、保温性の高まりによる冷暖房費の節約や照り返しの軽減、紫外線や酸性雨から守って壁の劣化を防ぐ効果に加え、騒音が軽減されたというデータもあります。
企業にとってのメリットは、壁面が緑地面積として換算されることや建物のイメージアップが集客につながること、企業として社会貢献に取り組むCSR活動の一環にもなることです。

壁面緑化をすると断熱保温効果があるため、室内の気温上昇を抑えます。見た目も爽やかで視覚的にも安らぎと心地よさを与えてくれます。