カタログギフトはどうなの?メリットデメリット


カタログギフトのメリットは

お祝いを考えるときにカタログギフトを選択するひとが最近は増えています。

カタログギフトのメリットとして、相手が自由に選択することができる点です。例えばお祝いを贈りたいときも、本人に確認をしないと商品が重なってしまうケースがあります。カタログギフトであればもらった人が商品を選択することができるのでプレゼントが重なるという確率は少なくなります。

2つ目に選ぶ手間を省くことができる点です。プレゼント選びをするというのはとても大変な作業です。結婚式などで多人数のプレゼントを選択するとなると一人ひとりのプレゼント選びをして、それを間違いなく配布するというのはとても大変な作業です。カタログギフトであれば、この手間を省くことができます。

カタログギフトのデメリットは

では、カタログギフトのデメリットは何でしょうか。

1つ目は、価格帯が決まっていて価格が高めのものが多いところです。カタログギフトの多くは5千円のものや1万円のものといったように価格帯が決まっています。そのため、自分で細かく商品を選択していくよりも値段が高くなりやすく、送料も含まれているので通販で購入して送るよりも価格が高くなりがちです。

2つ目に相手に選択をしてもらわないといけないという点です。商品の選択を相手に行ってもらうので、プレゼントという感覚がありません。そのため、目上の人に対する贈り物やお中元といった季節の贈り物といった場合にはやや不向きなところがあります。贈る側、もらう側の関係を考えて選択する必要があります。

カタログギフトは、値段によって商品が分かれているカタログから自分の好きなものを選択するものです。好きなものが自宅に届くので便利です。