どんな季節にも大活躍する優れもの!デニム素材!


デニム生地が定着した起源

カジュアルウエアとして定着しているデニム生地は、ゴールドラッシュに湧くアメリカの鉱山で働く鉱夫の作業着として着用されていたことが起源とされています。その為、アメリカの象徴とされていた時代があり、韓国と北朝鮮の軍事境界線にある板門店では、観光客のデニム生地着用が許可されていない時代がありました。日本では戦後GHQからの放出品が一般に広まり、その中でもブルーの作業ズボンをGIパンツと呼んだのが、今のジーパンになりました。その後、国産品が製造されるようになり、岡山県が生産量一位を誇っています。ただ、正装とはみなされない為、ドレスコードのある式典や格式の高いパーティーでは参加できないことが多いのでTPOには注意が必要ですね。

レディースファッションとしてもデニム

1970年代に入り、女性もジーパンを履くようになるとカジュアルレディースファッションとして定着するようになりました。レディースファッションに取り入れられるようになると、ボトムだけではなくトップスにも幅広くデニムが使われ、今では春夏秋冬どの季節にも大活躍する素材として、ワードローブに何着も持っている女性が増えています。カラーもブルーのみならずピンクやホワイト、イエロー等色合いも増え、夏でも合わせやすい薄手生地やショート丈も人気です。シルエットもコーディネートしやすいスリムやストレートから、それ自体が主役になれるブーツカットやフレアライン等、合わせるトップスによって楽しむことが出来る優れものです。

電子タバコの発祥は中国と言われており、安全性も技術面でも日本より遥かに優れています。vapeの日本製というものはなく、一部パーツに日本製が使ってあるもので、日本ブランドの電子タバコも「中国製」です。